ゲームとマンガを消費し続けた存在が、人間関係もねらっていくにあたっての備忘録です

望遠鏡を覗きこんでも見えないものは見えない

 そもそもね、テーマなんてなく書き散らすために始めて、その言い訳もきっちり終わらせたので、あとは何やってもいいだろう。

 今んとこジャンル分けみたいなことはしないし、キングダムハーツの話は書ききれないからやらないよ、しばらくは。

 

 じゃあふだんなかなか気づかない、目が悪いのってやだなーって話。

 実はめちゃくちゃ目が悪い。目が悪いアピールをするときは気をつけなくちゃいけないことがあって、失明の方がこの界隈では最強だ。緑内障とか糖尿病とかも最後は失明までいくから、単なる弱視はなかなか不幸自慢ができない。とはいえ視覚障害の一種には違いないわけで。 (障害者手帳もらえる視覚障害の定義はもっと狭いけど、さておき)

 ちょっとおもしろいのは、弱視というのはかなりなんとかなる障害だということだ。眼鏡かコンタクトレンズにすればまず人前で健常者に心配をかけるほどの不自由はおきない。ただ、逆にそのぶん失明みたいな明らかな障害と比べ、健常者からの配慮レベルも低い。当然なんだけど。

 で、こっからが本題で、弱視にもレベルがあるのだ。これが弱視同士でもなかなか気づかないことで、認識に相違があったりする。自分でも忘れてたりするから世話がない。

 

 その前に。

 

 たとえば視力0.3ってどれくらい目が悪いのだろう。知らない人のために補足しておくと、身近なところでは裸眼で視力0.6以上ないと警察官にはなれなかったりする。意外と知られてないかもしれない。当然俺はなれない。

あとはいうまでもないが、パイロットや宇宙飛行士にもなれない。人生ゲームの高給取り職業だともう石油王しかカードが残ってない。

 

 なんだけど。

 

 わかる人はわかると思うけど、実は視力0.3くらいだと、普通に暮らすにはほとんどなんの問題もない。自分の周り5mが見えればまず日常生活に支障はないし、本だって読める。壁にかかった時計がちょっとぼやけるくらいだ。声がかけられるくらいの距離なら友人の顔を見分けられるし、とくにふつうにしていればボロがでることはない。

 これ、自分では当然だと思ってたんだけど目のいい人は知らないらしい。最近思い至ってちょっとショックだった。さらにショックだったのは自分が眼鏡かけて見えてた右目が視力0.3だったということなんだけどまあいい。いやよくない。よくないんだよ。びっくりしたよ。0.3なのこれ!?見えてんじゃん、は?なんなの、と。この数年ずっと同じ眼鏡で健常者っぽい気持ちで生きてきたのに、あの世界は視力検査C判定の世界だったのか。 いやほんとに驚いた。こうしてだらだら書けるくらい驚いた。なんだよ、視力検査って一定以下はみんなD判定だから知らなかったよ。ABCD判定のなかでは後半だから仲間だねみたいな気分でいたのに騙したなおまえ、と、裏切られた気分でいっぱいだった。

 それで、眼鏡で左右視力0.7,0.3だったものを左右0.8に今回変えてもらったんですね。そうしたらもう世界の解像度が高いのなんのって。こんなに美しい世界でみんな死にたいとかツイートしてんのかよ、ふざけるな。

 そもそも左右視力差のせいで立体視がうまくできてなかったらしいんですよ。それが今回眼鏡変えたらこう、3DSの3Dスイッチをちょっと入れた感じ、と言えば伝わるだろうか、電信柱とかがくっきり飛び出して見えるというか、遠くの風景と近くの風景がはっきりしてるというか。(注:たぶんだいたいの皆さんが普段見てる視界)

 

 もしかして、近視のみなさんあるあるだと思ってきたこと、そんなにあるあるじゃない?

 

 おそろしい話だ。たとえば夏は山か海か論争。山に決まってるじゃん海行ってもみんなのいるところに帰れない。パラソルが見えない。水着女子なんてどうでもいいなんせ性別くらいしかわからない。と思ってたんだけどもしかして少数第一位で終わる程度の視力ならそれほど問題ないのかもしれない。

 露天風呂とかものによっては段差とか怖くてじりじりと近づいていくんだけどそんなことない?友だちがどこ行ったかわかんなくなったら終わりだから必死でついていったりしない?

 

 じゃあ俺の視力ってどれくらいなんだよ

 

 目が悪いというと視力いくつって聞かれることは多いんだけど、一番上の段のCすら存在さえわからない派としては、少数第一位じゃ終わらないよくらいのことしか言えない。あんま興味もなくなるし。だから実は今この瞬間までちゃんと意識してなかった。ただ、今回レンズの説明書が同封されてたので見てみたんですよ。参考のためYahoo!知恵袋お母さんも見てみる。

f:id:Iriwo:20170220233212j:image

視力0.3の人間が1.0まで上げるには-1.5Dとのこと。ほう、さて自分は。
f:id:Iriwo:20170220233221j:image

-11.5Dて。桁違うじゃねえか。乱視も入ってるし。

 実はめちゃくちゃ目が悪い、実感の瞬間だった。そんなにか、そんなに悪かったのか。思えば小学校の頃から一度として自分より度の強いレンズパーソンを見たことがなかった。見えないだけにな。というかそんなに他人と自分の視界について話すこともないからなふだん。べつに視野が欠損してたりするわけでもなし。ジャンル分けすればごくふつうの弱視だから互いにわかった気でいる。

 

 でもわかってないんだなこれが

 

わかってないんだ。眼鏡かけてるからと言ってもレンズを超えた端は裸眼でしか捉えられない。そもそもレンズだって度数が上がれば歪むから真ん中しかまともに見えない。 

 コンタクトだって夜は外すしそうすればたいして見えなくなる。

 

 

 思うに、不便さというのはわからない。足のない人や耳の聞こえない人の不便さなんて俺だって知らない。願わくば知らないままでやっていきたい。 

 

 問題なのは、見えてないのは。

 

“違うということ”だ。それははっきり理解しとくべきだ。[俺にはよくわからんし別に知りたくもないけどおまえにとってはきついことがあるんだなーふーん」くらいが限界だと思う。でもそれは、「俺はきみのつらさがわかるよ」なんて言うよりずっと誠実だと思うのだ。 共感という機能は大切で、それが必要な時もある。ただたいていの場合相手のことなんてわかりやしないのだ。障害ならなおさらだ。想像は体験と一線を画す。わからないものはわからない。わかったふりをしてはいけないし、知らない振りも当然だめだ。

 

  どうやらそういうことが言いたかったらしい。つまるところ、わからないものをわからないままわからないと言うのはけっこう大事なんじゃないかということだ。わからないんだけれども。

 

 なんにもわからないまま、わかったふりだけが上手くなる。自分の目でさえこの有様だ。さてどこまで盲目に近づいていくのか。いつそのことに気づくのか。とりあえずは歌でも歌って難しいことから目を逸らす。